認定指導医制度

認定指導医制度について

日本膵臓学会では、膵臓疾患診療に関する総合的知識および専門的技量を有する広い領域の優れた指導的医師および診療施設を認定し、指導医間の連携および若手医師の指導•育成により質の高い膵臓疾患診療体制をわが国に構築し、国民から信頼される専門医療の提供、膵臓疾患に関する啓発や情報提供を通じて国民の健康と福祉に貢献することを目的に、認定指導医制度を発足させました。

 

指導医には8つのカテゴリーを設けています。

  1. 膵炎診療
  2. 内視鏡診断治療
  3. 癌薬物治療
  4. 膵疾患外科治療
  5. 放射線診断・IVR
  6. 癌放射線治療
  7. 緩和医療
  8. 病理診断

 

詳細につきましては、下記PDFファイルをご参照ください。

PDF形式日本膵臓学会認定指導医制度規則